木ノ花あみる



人生失敗した代償は男女どちらが要因にあるかを明らかにしないと、それこそドブに捨てることになります。これに立ち向かうのは無理ですが。

やらかしたことは今年多すぎた爛れた芸能事情の中でも得に凄惨だとしても、その責任の取り方は潔すぎる!悪く言えば1番今後の活動に置いて、最もダメージを抑えた知的派って言い方になりますが。結局彼も悪いことには変わりありませんが、1番の黒幕はヤッパリ元奥さんなのではないでしょうか?子供を預けて飲み会に参加し、既婚者を隠し避妊もせずに関係を持つとか唯の遊びたい盛りってだけじゃないですか。後学のためにちょっと元嫁さんの顔見ておきたいですね。


アンタ柴田、ファンキー加藤の子も「育てる」…元妻にサポート約束

 元FUNKY MONKEY BABYSの歌手、ファンキー加藤(37)が、お笑いコンビ、アンタッチャブルの柴田英嗣(ひでつぐ、40)の元妻とW不倫し、妊娠させたことが発覚してから一夜明けた7日、東京都内で会見。

 ファンキー加藤の会見を受けて、アンタッチャブルの柴田英嗣が7日午後、東京・南青山の仕事先で会見した。約40人の報道陣を前に、元妻、Aさんと加藤との不倫&妊娠を「衝撃だった」と率直に証言。その上で加藤を見守り、元妻の子育てをサポートする意向を明かした。

 柴田はこの日、インターネット番組「さしめし」に生出演。騒動が発覚した6日は加藤に合わせて無言を通したが、加藤の会見を知り、「自分の口からも説明したい」と所属事務所社長に相談。了承されて番組終了後、報道陣の前に現れた。相方のザキヤマこと山崎弘也(40)からは「(周囲を)傷つけないコメントで頑張って」と励まされたという。

 「加藤ちゃんとは飲み仲間」と明かした柴田。昨年5月に離婚したAさんから昨秋、加藤と不倫して妊娠したことを知らされたという。このとき初めてAさんが離婚を申し出た原因が加藤だったことを知り、「衝撃だった」と語った。

 3人で話し合ったことを振り返り、「全然知らない人だったら怒ったかもしれないけど、お互いの家庭のことを真っ先に考えた」と、逆に加藤のことを心配したという。

 加藤が認知し、数千万円ともいわれる養育費を払うが、「お金を払って終わりじゃなくて、誠心誠意やってほしい。元妻も反省して、子供を守っていってくれれば」と注文。その上で、加藤に対し「これを機に大きくなってほしいし、精いっぱい頑張っていただきたい」とエールを送った。

 柴田自身、浮気相手ともめて2010年2月から約1年休業した苦い過去があるため、報道陣からは「寛容ですね」と皮肉まじりの指摘も。柴田は「自分がそういうことをしたから(今回の不倫騒動を)生み出しちゃうのかな」と苦笑しつつ、「学ぶこともあったし、お笑い芸人としてステップアップしたい」と語った。

 Aさんとの間にもうけた2児の親権はAさんにあるが、離婚後、彼女が忙しいときは面倒も見てきた。それだけに「何かあるときは、(生まれてくる子供も)一緒に育てていく覚悟はある」と宣言。戸惑いも怒りも自分のふがいなさも包み込み、Aさんのサポートを誓って前を向いた。

シェアする

フォローする