金星、生命の存在可能な惑星だった? 30億年前に「海」も

今、地球から見え血得る近世というのは何十億年も前の姿という事になります。距離というものは時間すらも超える、考えているだけで目が回ってきそうですが、何十億年も昔の近世にはもしかすると海があり、生物が住めるような環境があったのかもしれないという、推測がされているようです。しかし私たちが住む地球も何十億年先にはどこかの星の住民から、あの星には過去に生物が住んでいたのかもしれないと、解明されていくのかもしれないと思ったら、なんだか同じことを繰り返しながら生きている無限ループの世界にいるような気持ちになりました。

image

(CNN) 地球の90倍もの厚さがある有毒な大気に包まれ、表面温度は鉛も溶かすほどの高温になる金星。だが30億年ほど前までは海があって気候も温暖だった――。米航空宇宙局(NASA)の研究チームがそんな説を発表した。

金星は地球とほぼ同じ大きさで、「地球の双子」と呼ばれることもある。NASAゴダード宇宙研究所の研究チームは、地球の気候変動予測に使われるコンピューターモデリングを応用し、太古の金星の状況を推測した。

その結果、金星は誕生から20億年ごろまでは浅い海があり、地表の温度は地球よりもやや低かったと思われることが分かった。上空は大きな厚い雲に覆われて、太陽からの熱や放射線を遮っていたと推測している。

金星に海があった可能性は1980年代から指摘されているが、詳しいことは分かっていない。
ただ、太陽に2番目に近い惑星であることから、液体の水は蒸発し、水素が大気中に放出されて二酸化炭素が堆積(たいせき)し、温室効果によって現在の有毒な大気が形成された。過去10億年の火山活動などによって地形も一変した。

太古の金星に生命が存在していた可能性についてNASAのマイケル・ウェイ氏は、「水は生命をもたらす存在だが、金星は生命が生まれる場としてはずっと厳しい。温暖で湿潤だったのは誕生から間もない時期に限られ、過去40億年の大部分は死の惑星だった。しかし我々のモデリングには、金星が生命の起源を探る場として適している可能性を示す狙いがあった」と話している。

今後は金星に存在していた水の量や、水が失われた経緯や時期についても調査を予定している。

シェアする

フォローする