川瀬遥菜

夏の終わりに使づくにつれ花火大会も多くの場所で開催されています。若い頃には花火を見に行くというよりも、そこに集まった友人たちとわいわい盛り上がったり、屋台が目当てで行っていることがほとんどでしたが、年齢をかさねるにつれ、単純に花火を見上げて綺麗だと思うようになりました。なんというか夏の終わりに寂しさを感じるような、色々こみあげてくる思いがあります。若い頃にはこんな感情はなかったので、無駄に年を重ねていないという事ですね。今年はどこの花火も見に行く予定がないので、どこかで奇跡的に見れたらいいなと思っています。

image

せっかくの花火だし、いつもと雰囲気を変えて浴衣を着てみるのもいいですね。

image

落としたい男性がいるのなら絶対に浴衣で勝負するべきです。いつもよりも可愛さ倍増!

image

昔は浴衣の下はパンツを履かないのが当たり前だったようですが、今はどうなのでしょう?

image

普段のビシッと決めたスーツ姿もできる女性風で素敵です。スカート丈が短すぎるのが気になりますね。

image

接待は体を張るのが基本的。今日も一肌脱いで新規契約のためにお勤め頑張ります。

シェアする

フォローする