大塚家具の前会長、保有株の3分の1を手放す 市場で売却へ

大塚家具が赤字続きで、先日下方修正したばかりですが、これに続いて持ち株の1/3を手放し売却するようです。前会長は昔からの高級志向の家具店を貫き通すために、春日部へ店舗を構えましたが、客足はいまいちのようですね。というよりも都内の高級住宅街付近にあるのならまだしも、春日部に住む住民たちが高級な家具を求めて大塚家具へ果たしていくのでしょうか。そこにまず疑問を感じます。店舗を構える場所を間違えたのではないでしょうか。

image

大塚家具創業者で前会長の大塚勝久氏が、保有する同社株の一部を市場で売却することが9日、関東財務局に提出された変更報告書で明らかになった。勝久氏が保有する計95万株(発行済み株式の4.9%)のうち35万株(同1.81%)を11月30日までに市場で売却する予定。

現在の同社株価に換算すると3億3千万円程度の見通し。勝久氏は平成27年6月末時点では350万株(同18.04%)保有する大塚家具の筆頭株主だったが、その後自らが設立した家具製造販売会社「匠大塚」の運営資金に充てる目的などで、保有する大塚家具の株式を段階的に売却している。

シェアする

フォローする