<高齢者死亡>リフト式入浴で大やけど 職員温度確かめず

老人ホームに入所している97歳の女性が、入浴中に大やけどして無くなってしまったそうです。入浴温度を確認すると通常は42度で入れているものが、その日は48度もあったようですが、48度のお湯でも大やけどになってしまうことに驚きです。体感温度もあるので、個々によって火傷を負う人とそうでない人がいると思いますが、皮膚も薄く弱くなったご年配の方には相当な負担だったのでしょう。入浴当番だった男性はゴム手袋をしていて、熱さに気付けなかったようですが、人と人が触れ合う仕事なので、もう少し管理を徹底してほしいですね。

image

4日午後1時40分ごろ、和歌山市中島の老人ホーム「あかり苑中島」の職員から、「入所者がやけどした」と119番通報があった。消防が駆けつけたところ、入所者の深谷マサコさん(97)が広範囲にやけどを負い、同日夜に病院で死亡した。和歌山県警和歌山東署は司法解剖をして死因などを調べ、業務上過失致死容疑で深谷さんを入浴させた男性職員(37)から事情を聴いている。

同署などによると、午後1時25分ごろ、男性職員がリフト式入浴装置で深谷さんを入浴させたところ、手足をばたつかせたため10~20秒後に引き上げた。深谷さんは脚と腕、腹部などにやけどをし、大やけどの範囲が全身の約4割に及んだ。

施設の運営会社は「お湯の温度設定は42度だったが、入浴時は48度ぐらいになっていたとみられる。通常は職員が湯の中に手をつけて温度を確かめるが、この男性職員は肌が弱く、手袋をはめていた」と話している。

深谷さんは言葉に障害があり、寝たきりの状態だったという。同ホームでは、1人が入浴するごとにお湯を入れ替えており、深谷さんはこの日の午後最初の入浴者だった。【阿部弘賢、倉沢仁志、最上和喜】

シェアする

フォローする