川瀬遥菜

キャバ嬢にのめり込んでしまう人ってどんな人が多いのでしょうか。誰かに認めてもらいたい、褒めてもらいたい、一瞬でもいいからあの夢心地をもう一度味わいたいという欲求が、手元に財産が残らなくなるまで通い詰めてしまうのかもしれません。楽しいことはたまにだからいいモノであって、毎日のように通ってしまったら、それはもうご褒美でもなんでもありません。転落していく人生に早く気付いて再起を計らなくてはなりません。相手も仕事とわかっていてほめあげるのです。そこに気付いていながら通う人もいれば、本器で恋してしまう人もいるでしょう。

image

朝帰りのキャバ嬢さん、今日もお仕事お疲れ様でした。

image

お客さんをよいしょしているだけでは自分のストレスが発散できませんね。

image

この辺でちょっと息抜きしてみませんか?

image

それにしても綺麗なお姉さんです、指名数ナンバー1でもおかしくない!

image

大金払ってもお持ち帰りしたくなる気持ちわからなくもありません。

シェアする

フォローする