恐竜絶滅「すす」が原因?東北大など新説

地球に小惑星が衝突したことにより大量に発生したススが、地上に舞い上がり、それがものすごい層になって7年以上も上空に居続けたことにより、太陽熱を吸収し地球寒冷化が起きたと推測されました。もしも小惑星が衝突した部分が地表ではなく海であればススは舞い上がることがなかったので、恐竜の絶滅はなかったのかもしれません。そうなると私たち人類も存在しなかったのかもしれませんが、もしも存在するのであれば、恐竜に怯えながらの生活があったのでしょう。今は無作為に人間に危害を加えるような脅威的生物はいませんが、考えただけで恐ろしいですね。

image

今から6600万年前に起きた恐竜など生物の大量絶滅は、地球に小惑星が衝突して舞い上がった「すす」による気候変動が原因だったとする新説を、東北大大学院理学研究科と気象庁気象研究所が発表した。
大量絶滅を引き起こした要因として最も有力なのが、メキシコ・ユカタン半島に落下した小惑星原因説。だが、小惑星の衝突と気候変動の因果関係を巡っては、巻き上げられた「ちり」が太陽光を遮って起きた地表寒冷化、大量発生した酸性雨による海水の酸性化など諸説ある。
東北大の海保邦夫教授(有機地球化学)らは、カリブ海のハイチとスペインで小惑星衝突後に堆積した地層からすすを採取し、成分を分析。炭化水素の一種「コロネン」の含有率が高いことを突き止めた。
コロネンは超高温で有機質が焼けた場合に限って含有率が高くなる性質があり、小惑星衝突の熱で生成されたと結論付けた。
コンピューターで当時の気象変動を再現すると、舞い上がった大量のすすが上空約10~50キロの成層圏に7~8年とどまり続けて太陽光を吸収。気温が低下して海水の蒸発量が減り、降水量が激減したために植物が枯れて食物連鎖が崩れた。
ちりの飛散は、短期間で収まって大きな気候変動には至らないという。海保教授は「もし、小惑星の衝突地点が海だったら、恐竜は絶滅しなかったかもしれない」と話している。

シェアする

フォローする