『ハリー・ポッター』シリーズは最新作「呪いの子」で終了 原作者が言及

劇場での放送は終了しましたが、ハリーポッターのその後の舞台『Harry Potter and the Cursed Child(原題)』をもってして完結になるようです。ずっと映画だけ見ていた人からすると、ここまできたら舞台も見るしかない!という気持ちになるのかもしれませんが、なかなか映画と違って舞台って簡単に見に行けるようなものではないので、完結が舞台というのは少し納得がいきません。しかし舞台でしか表現できない作品というのもあるのかもしれません。一度もナマで見たことがないのでその感動や素晴らしさはわからないのですが、一度は触れてみたいものですね。

image

ダニエル・ラドクリフやエマ・ワトソンなどが大ブレイクした人気映画『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが、成人したハリー・ポッターのその後を描く舞台『Harry Potter and the Cursed Child(原題)』をもってシリーズが終了することを明かしたという。E!OnlineやUs Weeklyなどの海外メディアが伝えた。

『Harry Potter and the Cursed Child(原題)』はロンドンで現地時間7月30日に開幕した二部構成の演劇。脚本家のジャック・ソーンが執筆し、『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年後、3人の子供の父親になったハリーと次男のアルバスを中心に描く。劇の脚本をベースにした本は、日本でも『ハリー・ポッターと呪いの子』とのタイトルで今年11月に刊行される予定だ。

ローリング氏は初演のレッドカーペットに登場し、記者から舞台になった新作をベースに今後シリーズが続くか尋ねられると「それはありません」と回答。「(ハリーは)この2つの劇でかなり大規模な旅に出ますからね。終わりでしょう。これは次の世代の話です。この上なく美しく実現したことに興奮していますが、ハリーについては終わりです」と語ったという。

さらに「(劇は)私が次の世代について思い描いていた素材に完璧に一致します。完璧な出来です。だから別の小説を書きたいとは決して思いませんでした。この劇はファンにとって特別なものになるでしょう」と、ハリーの物語が結末を迎えたと思っていることを明らかにしている。

シェアする

フォローする