高橋みなみ「体重3キロ増えた」AKB在籍時は痩せ過ぎで人間ドックに

AKBの初代から在籍していたメンバーである高橋みなみさんですが、最初の頃はふっくらした女の子でしたが、みるみるうちに激やせしていって、世間からはその細さに心配の声が飛び交っていました。やはりいつ降ろされるかわからない厳しいアイドルの世界にいることで彼女のように気を張り詰めながら食欲が落ちてしまうこともあるのでしょう。今は卒業して肩の荷がおりたのか、やっと健康的な体重に戻ったと明かしたようですが、それでもまだまだ細すぎるほどです。私たちにはわからないアイドルの裏側があるのかもしれませんが、栄養失調になるほど体がガリガリになってしまうと、やはり自己管理ができていないなど余計に突っ込まれるのかもしれませんね。

image

高橋みなみ(25)が22日に、福島県相馬市で仮設住宅敷地内の清掃ボランティアに参加した。高橋が公式アンバサダーを務める、ボランティア推進プロジェクト「RockCorps」(9月3日、福島県あづま総合体育館)の活動の一環。高橋は、一般参加者に気さくに話しかけながら、和やかな雰囲気のなかで作業に臨んだ。

約20人の一般参加者にまざって、仮設住宅敷地内の草むしりや、仮設住宅の壁に絵を描く作業に臨んだ。笑顔で参加者に話しかけながら、慣れた手つきで草を刈っていき、壁画では「笑ってる顔を描きたい」という高橋の案から沢山の花や笑顔を描いていった。

AKB48在籍当時から被災地のボランティア活動をしていた高橋だが、このようなボランティアは初めての経験。「私、知らない人と話すの好きなんですよ」と初対面の参加者にも積極的に話をかけ、場を和ませていた。

ボランティアの合間には昼食も。参加者から「テレビで見るよりも実際の方が(体の線が)細く見えますね」と話しかけられると「AKB48在籍当時は、スタイルを保とうとしたら逆に痩せ過ぎてしまって。人間ドックに行っていたんですよ。辞めてから3キロ増えて。今の方がちょうど良い」と何もかまえずにすんなり告白した。

高橋といえば、在籍時には度々、“激ヤセ”が話題になった。2014年には、出演したラジオ番組で体重が37キロで栄養失調だったことを明かし、昨年も36.8キロであることを報告していた。体重増加は、AKB48グループ初代総監督の退任、そしてAKB48からの卒業によって肩の荷が下りたことも一因としてありそうだ。

なお、この日のボランティア活動は4時間。高橋は「あっという間でした。充実していました」と達成感に満ちた溢れた表情をみせ、「ボランティアは凄くやりがいのあること」とその重要性を説いていた。(取材・小池直也)

シェアする

フォローする