紺野まりえ

昨日金曜ロードショーでやっていた「バケモノの子」という映画を初めて見たのですが、想像していた内容とちょっと違って、感動してしまいました。私が思い描いていたものは人間とバケモノの間に産まれた子供の話だと思っていましたが、両親がいなく頼れる人間がいない子供がバケモノを強くなるための師として一緒に暮し、肉体的にも精神的にも成長していくという話です。最終的には親代わりである熊鉄が人間の子を守るために自分の身と引き換えに心の剣になってしまうのですが、それがまた常にその人間の心の中に寄り添ってくれる存在になるので、心温まる話で終わりました。まだ見ていない方も是非DVDをお勧めします。

image

なんだか芹菜を思い出すような女優さんですね。

image

おバカっぽい口調で話されたらもうキャラクターも顔も丸被りです。

image

ちょっと笑顔がぎこちない気もしますが、こういう女性ほど本気で笑わせたくなりますね。

image

澄ましたお顔はとっても美人、えくぼが特徴的なお姉さんです。

image

意外と見ていなかったお尻が美尻すぎて、なでなでしてみたくなります。

シェアする

フォローする