J・デップがA・ハードとの離婚に向け豪邸売却へ

大物俳優と女優の離婚騒動と会って、ゴシップ誌が賑わっています。ジョニーデップとアンバー・ハードの離婚騒動で、高級住宅を売りにだしているようです。12億円での売却希望だそうですが、中には二人が住んでいたという事でブランド化してほしがる人もいるのかもしれません。しかしこれだけの高額物件なかなか買い手がすぐに見つからないのではないでしょうか。購入した当時よりも高く売られているのは、彼らが所有していたという事で付加価値が付いたということでしょう。それにしても一体いくら分の財産があるのでしょうか。金額を見ただけでは想像ができませんね。

image

米女優アンバー・ハード(30)と離婚騒動の渦中にある俳優ジョニー・デップ(53)が、離婚裁判に備えて不動産の処分を進めていると報じられた。

このほどイタリアのヴェネチアに所有する運河を臨む17世紀に建てられた4階建ての豪邸を売りに出していることが明らかになったもの。イタリアの地元紙によると、映画「ツーリスト」(11年)のロケで同地に滞在した際に850万ユーロ(約9億7750万円)で購入したもので、1080万ユーロ(約12億4200万円)での売却を希望しているという。7つの寝室に9つのバスルームがあり、ボートを停めることができるプライベートエリアも付いている。

デップは01年に元パートナーの仏女優バネッサ・パラディと一緒に2600万ドル(約27億3000万円)で購入した南仏の豪邸も先月売りに出していたことが明らかになったばかり。こちらは広大な土地の中にゲストハウス数軒やチャペルなどもあり、まるで一つの村のようになっいるという。英デイリー・メール紙によると2倍以上の値をつけ、5550万ドル(約58億2750万円)で売却されたと伝えている。デップは不動産以外にも、米画家ジャン=ミシェル・バスキアの絵画2点もオークションで売却したことが明らかになっており、来月から始まる離婚裁判を前に慰謝料や扶養料の支払いに備えて準備している可能性が取りざたされている。(ロサンゼルス=千歳香奈子)

シェアする

フォローする