桜井心菜

狭いキッチンでもしっかりとした料理を作る女性はやり手だなと感じます。場所や道具を選ばずとも最高のおもてなしができるということは、その人自身のスペックが高いという事です。私はどんなに環境が整備されていても、特に際立った料理も作ることができないので、手際のいい品を次々と完成させていく奥様方には頭が上がりません。なんというか料理とはスポーツのような、スピーディで効率よく、1分1秒のずれが味の決め手になるような繊細なものだと思っています。しかし料理ができる人ほどズボラな性格だったりするものです。または時短を図るために前もって野菜などは下処理がしてあったりカット済みのモノを冷凍保存してあったりと色々な工夫がある用です。

image

エプロンを付けているというだけでなんだか卑猥な雰囲気になってしまうのはなぜでしょうか。

image

お料理している後姿も素敵ですよ。それにしてもスカートがタイトで短すぎます。

image

長いネイルが気になりますが、スカルプネイルをしていても立派に主婦業を務める女性もいるので凄いですね。

image

挑発的な後姿がたまりません。

image

エプロンの下はまさか無防備すぎですが、油羽などに気を付けてください。

シェアする

フォローする