「学校教育9年以下」、「握力弱い」で認知リスク2倍に…国立長寿研

認知症になりやすい人が少しずつ医術や科学の進歩によって明確になってきました。今までも認知症は危険視されているので、様々な対策が行われてきました。最近では認知症予防のアロマオイルや、健康法も多くの方に知られるようになっていますね。しかしまさか教育年数や握力の強弱で認知症へのリスクが変わってくるとは思いませんでした。手先を使うような仕事をしていたり、頭を使う作業は予防にいいとされていますが、そういったことにも関係しているのでしょうか。若年性認知症も増えているので、早めに認知症予防にいい趣味などを見つけられるといいですね。

image

糖尿病や心臓病の持病があったり、握力が弱かったりする人は、認知症を発症するリスクが高い、との調査結果を国立長寿医療研究センターなどのチームがまとめた。

八つの危険要因をリスト化。「該当する人に、重点的に生活習慣改善などの支援をすべきだ」との提言を行った。

チームは、愛知、秋田、石川の3県で、計約3300人を3~16年追跡した四つの研究をもとに、認知症のリスク要因を分析した。

その結果、脳卒中の経験がある人は、ない人に比べ、認知症のリスクが2・6倍高かった。糖尿病、心臓病の持病がある人は、それぞれリスクが1・7倍、1・5倍だった。体力や筋力の目安の握力が26キロ未満の男性、18キロ未満の女性も2・1倍だった。学校教育の年数が9年以下の人のリスクは、9年を超える人の2倍だった。また、うつ傾向がある人のリスクは、ない人の1・6倍。難聴の人は1・4倍だった。

そのほか、介護危険度の簡易チェックで「認知機能低下の恐れあり」と判定された人は、認知症に2・5倍なりやすかった。アポE4多型という認知症のリスクを高める遺伝子を持つ人も、認知機能が低下する傾向があった。調査をまとめた名古屋学芸大学の下方浩史教授は「予防には、普段から頭を使い、生活習慣病やうつを予防し、体力維持に努めることが重要だ」と話す。

シェアする

フォローする