三菱自と日産、大幅値引き対応か 「軽」受注再開も険しい道のり

軽自動車の販売率は景気が下がるとともに反比例して売り上げを伸ばしていた車両でしたが、今回多くの製品が表示された燃費量以下しか走らないことが明白になり、消費者側からしても不信感は拭いきれないでしょう。私も軽自動車を長年のっている一人ですが、実際は乗用車よりも維持費が安いし、最近購入したものであればたいてい燃費が酷く悪いというものはないと思うので、文句はあるかもしれませんが、そのまま継続して軽自動車を使用するという人は多いのではないかなと思います。なんせ保険料も乗用車とは比較にならないくらい格安ですし、ガソリンだって毎月の出費ともなれば、かなり維持費に差が出てきますよね。

image

三菱自動車と日産自動車は1日、燃費データ不正が発覚した4月20日から生産・販売を停止していた軽自動車の注文受け付けを再開した。生産する三菱自の水島製作所(岡山県)も4日に軽のラインを再稼働し、販売店は5日から納車を始める。両社は主力軽の販売回復を目指すが、大幅な値引きなどの販促策を迫られる公算が大きい。

受注を再開したのは三菱自の「eKワゴン」「eKスペース」と、供給先の日産の「デイズ」「デイズルークス」の計4車種。約2カ月半ぶりにeKワゴンを店先に並べた三菱自の販売店員は「カタログも届いていない」と戸惑いの表情で語った。燃費値を修正したカタログが届く15日までは、タブレット端末を使って商談を行うという。

両社にとって軽自動車は国内での主力車種。販売停止で三菱自の6月の普通車を含む販売は前年同月比51.8%減、日産も26.7%減と大幅に落ち込んだ。三菱自は早期の販売再開に向けて国土交通省に燃費の修正値を6月21日に届け出た。販売を再開した車種の修正値は、従来のカタログ値に比べ、最大で16%程度悪化した。

受注再開で販売店は巻き返しを期すが、イメージが悪化し、燃費値も悪化したモデルの販売回復の道のりは遠い。販社幹部は「値引きなどで対応せざるを得ないだろう」と打ち明ける。

また、水島製作所は停止していた軽生産を週明けに始める。設備を点検しながら順次生産ペースを上げ、20日から本格稼働する。当面は1日約250台を生産する計画だ。三菱自では、燃費不正問題の発覚後、2カ月以上にわたって水島製作所で軽自動車生産が停止。従業員の自宅待機や2次下請け会社の経営破綻など影響が広がっていた。

三菱自の益子修会長は1日、水島製作所がある岡山県倉敷市の伊東香織市長と会談した。益子会長は「今回の問題でご迷惑をおかけしました」と謝罪し、「信頼を取り戻して地域経済に貢献したい」と述べた。

シェアする

フォローする