大学ばかり狙い窃盗繰り返す 27歳男を追送検 「母校での窃盗がきっかけ」

どんな理由でも窃盗と言うのは頭にくる話ではありますが…娯楽と借金返済って理由を聞くと憤りが酷いですね。27歳でその状態ってどんな堕落した生活を送ってきたことやら。在学中から7年間も人の金で遊び歩いて更に借金があるとか・・・容疑や罪状など全然違ってしまいますが、桝添さんの一般人バージョンって感じですか。共通して言えるのは日本の寄生虫。被害者になってないから言える言葉ですが、裁ける分だけコイツの方がマシかもしれません。


 近畿2府4県の大学に侵入し、窃盗を繰り返したとして、滋賀県警捜査1課などは30日、建造物侵入、窃盗などの疑いで、兵庫県西宮市の無職、山溝大地被告(27)=建造物侵入、窃盗罪で公判中=を追送検し、捜査を終結したと発表した。計55件の犯行を裏付け、被害額は約920万円にのぼったとしている。

 同課によると、山溝容疑者は平成22年7月ごろから今年1月にかけて、近畿2府4県にある約25大学の部室や事務所、生協本部などに侵入。現金や金庫を盗んだ。山溝容疑者は「盗んだ金はパチンコや飲食、借金返済に使った」と話しているという。

 県警刑事企画課に設置された捜査支援分析室が、防犯カメラの映像や手口などを絞り込み、山溝容疑者が浮上した。山溝容疑者は平成21年ごろ、自分が通っていた大学で部室の財布から現金を盗んだことをきっかけに、他の大学でも窃盗を繰り返すようになったと話している。

シェアする

フォローする