星川ういか

CDシングル・アルバム等のランキングで知られるオリコンが、ダウンロードやストリーミング再生回数などを合算した新しいランキングを検討していることがわかりました。音楽業界はAKBやジャニーズが握手券商法やおまけ商法でランキングを捻じ曲げているので、そういったグループを完全撤去した純粋な順位を知りたいです。年齢層や趣味の違いによって、求められる曲のジャンルは多様化しました。ダウンロードで購入することも多くなり、アーティストで選ばれているというよりも曲のイメージで選んでいる人が増えているようです。これらの仕組みにより世代や趣味趣向を超えて幅広く好まれるような曲はなくなりました。なので、ランキング自体不要なものになっているかもしれません。YouTubeの再生数を取り入れるにせよ、AKBが独占しているような状況なので、結局旧から新ランキングになっても同じような感じになるのではないでしょうか?そんなものを前に押し出すような仕組みでなく、埋もれた音楽才能を発掘するようなものにしてもらいたいです。ヒット曲を生み出すためには、正規の音楽配信ルートに乗せなくてはいけません。しかし、スカウトマンやプロデューサーにそれほど力を持って原石を見分けられる人がいないので、その時点で駄目になっている気がします。しっかりとした上限関係が成り立っていて、上にいるアーティストが自分の地位を守るために下を蹴り落とす。下克上みたいなことが一切起きない今の業界では、これから衰退していくことも容易に想像できます。ランク王国やミュージックステーションで音楽のランキングを見ていると、マイナーなアイドルやアニソンがベスト10入りしていることが多くなりました。これも、多様化の影響かもしれません。

ストレッチで全身をほぐしてから本編が始まります。今日はこれまで体験したことがない技にもチャレンジするかもしれないと言われたので、念入りに解しています。

シェアする

フォローする