<アプリ>痴漢冤罪防止サービス「痴冤証明」 機器も開発

実際に使えるかは微妙なラインですが、自身の行動を記録して証拠に残すというアイディアは凄いです。普段の行動に後ろめたいことがないということが前提として必要です。当事者からしてみれば、痴漢冤罪は決して笑えない深刻な問題です。防犯カメラもなく、被害者や周囲にいる人のイメージで罪を着せられることもあるので、自分の無実は自分で証明しなくてはいけません。そういう意味でも、どんな形であれ物的証拠として動画を保存することはあるのとないのでは大きな違いが生じます。盗撮との差別化を図るため、利用者が映像をチェックできないようにする仕組みが合ったほうがいいでしょう。どんどん小型化されてメガネや腕時計サイズになり、もし事件に巻き込まれたら証拠としてカメラの映像を使うということが一般化しそうです。こんなツールが販売されることは、電車通勤する男性には嬉しいニュースかもしれません。しかし、それと平行して解決しなくてはいけないのは通勤ラッシュ問題です。鉄道側で発射時刻をある程度操作することは、もう限界がきていると思います。企業が積極的にフレックス制度や在宅ワークを導入して、通勤客の事態を減らす工夫が大事です。スマホをベースとしたアプリがメインとなる仕組みですが、オプションでカメラやその他の機器が必要な場合は、それらの価格をサラリーマンのお父さんでも購入しやすい安価なものにしてもらいたいです。

痴漢の冤罪(えんざい)を防ぐサービス「痴冤証明(仮称)」を松山市のデザイナーらが考案し、開発した。スマートフォンのアプリと専用ブレスレットを使い、弁護士による免罪証明書が発行される仕組みだ。このサービスの利用者は電車に乗車中、小型カメラ2個を内蔵したブレスレットを両手首に装着して手元周辺を撮影し続け、動画はスマホアプリを通じクラウドサーバーに送信される。万一、痴漢行為を疑われたら、アプリからサービスセンターに連絡し、センターが動画データを提携する弁護士に通知する。解析して冤罪が確認されたら、弁護士作成の「冤罪証明書」が発行され、利用者のスマホに送信される。「冤罪証明書」には弁護士の署名、位置情報、時間情報を記載したデータなどが記載されている。

シェアする

フォローする