「サンキューハザード」はアリか 路上のコミュニケーション、どう広まった?

大きな国道などで合流するときは、サンキューハザードは必須だと思います。朝の忙しい通勤に割り込まれると、普段は大人しい人であってもムカムカしてしまうときがあると思います。そういうときに、礼儀という意味で有効になるでしょう。教習所で習うことではありませんが、これは取り入れるべきマナーみたいなものです。パッジングでも色々な意味を込めてドライバーで意思疎通ができますが、大切なのはお互いを気遣う運転ができるか?ということにあると思います。ハザードを点灯させることを前提に無理な割り込みをしてくる人もいるので、そいうのはやめて欲しいです。ローカルルールなんていわれていますが、日本人の体質とでもいいますか誰が決めたわけでもないのに全国に広がっています。サンキューハザードじゃなくても、合流する車に道を譲った時に、何度も会釈されればこちらもなんだか嬉しくなります。逆に、何も合図を出さずに当然のように入ってくる車は、一体何を考えているんだ?と不思議で仕方ありません。最低限の礼儀というのは大事で、それが全然関わりがない他人なら余計にちゃんと意識しなければいけないポイントだと思います。

合流や車線変更でゆずってもらったとき、ハザードランプを少し点灯させ、相手ドライバーに感謝の気持ちを伝えるといった光景はしばしば見られます。俗に「サンキューハザード」などとも呼ばれます。ハザードランプは正式には「非常点滅表示灯」といい、辞書類には「故障などで緊急停車する場合、警告を発するために用いる」(三省堂『大辞林』)とされています。前方で渋滞が発生し速度を落としているような状況で、そのことを後続車に伝えたり、路上に停車あるいは駐車したりする場合に使うことも見受けられます。

シェアする

フォローする