「アマゾンをかたる怪しい感謝状が届いた」警告ツイートが話題 アマゾンは送付を否定

犯人の意図が全然分からないということもありますが、迷惑メールアドレスと違って荷物が直接宅配されることを考えると住所情報が漏洩している可能性が高いということです。これは、もしかするとツイッターやインスタグラムで何でも写真を撮影することにより、個人情報がいつのまにか漏れているからなのかもしれません。自分だけは大丈夫と考えずに、常に危機感を持った責任のある行動が求められます。もし、感謝状なんていう名目で送られてきたキャンペーンで、ご褒美にQRコードからプレゼントを選んでくださいなんて書いてあったら読み取ってしまいそうです。おそらく中国からの迷惑メールだと思いますが、普通の文法と明らかに違和感があるので引っかかることはありません。ですが、住所に直接荷物が送られてしまった場合、なんとなく開けてしまうことがありそうです。そういえば、アマゾンのマーケットプレイスで新品が異常な安さで売っている場合があります。PS4が格安で売っていたときにポチっと買ってしまいそうでしたが、怪しかったので止めました。正しい判断のできない年齢の方は、間違って引っかかってしまいそうです。あれを購入した場合、個人情報だけ抜き取られる場合があることを後々になってから知りました。

アマゾンをかたる不審な「感謝状」が送られてきたと注意を呼びかけるツイートが、ネット上で話題を呼んでいる。あるTwitterユーザーは2月10日、アマゾンのロゴが入った不審な感謝状が届いたため、カスタマーサポートに問い合わせたところ、アマゾンが送ったものではないことがわかったとツイートした。ネット上では、他人の家に不審物を送りつけて、SNS上にアップロードさせることで、家人のSNSアカウントを割り出そうとする手口ではないかと指摘する声がでている。

シェアする

フォローする