「メタルギアソリッドV」の核廃絶カットシーンが突如としてアンロック、コナミが原因を調査中

小島プロダクションが予め制作時に仕込んだサプライズなのかもしれません。何年も前にリリースされた作品が再び注目されるようになるなんて、新しい広告のやり方とも言えます。ファントムペインは少し期待はずれだったところもありますが、それでもシリーズを通して見れば名作であることに間違いはないです。国際社会、政治、戦争など、難しいテーマを扱った作品ですが、今の世界情勢と重なって見える部分もあるので、製作者のメッセージが込められているのかもしれません。条件満たしていないのにイベントがアンロックされてしまう事態は、製作者サイドも予期していなかったミスなのでしょうか?通常なら絶対に見れないイベントらしく、公式サイトがユーチューブで配信したことによってしか見れないものです。

リリースから2年以上経過した「メタルギアソリッドV ファントムペイン」の隠されたカットシーンが突如としてアンロックされたが、コナミもその理由がつかめていないようだ。 
核廃絶カットシーン自体は「ファントムペイン」がリリースされた2015年9月にデータ解析によって発見され、すでにYouTubeで公開されていた。しかし、正攻法でこのカットシーンをアンロックする条件ーー特定のプラットフォームで全てのプレイヤーのFOBの核兵器を破棄するーーは、ほぼ実現不可能とされてきた。

シェアする

フォローする