<京都大>追加合格へ 昨年2月入試、物理で解答不能設問

京大はいつからか入試問題検討会に参加しないという方針があるようです。何年か前に検討会で、入試問題の道徳性に意見をした高校教員に対して腹を立て、それからずっと不参加になったという噂があります。今度はこのように大きな問題になる前に、検討会に出席した方がいいでしょう。この回答不能な問題だけならこれをやらなければいいということではなく、これを解くのに時間がかかったりして全体に影響が出ます。頭の良い人間は、ある程度やってから見切ったかもしれません。去年の2月の入試のことなので、丸々1年経ったということになります。いくらなんでも時間がかかりすぎていると思うので、最低でも1・2ヵ月くらいで調べて欲しいです。大学の先生は字が汚かったり教え方が下手な人が普通にいるので、問題を考えているうちに自分でも良くわからなくなってしまったんじゃないでしょうか?

 京都大(京都市)が昨年2月に実施した一般入試(前期日程)の物理の問題について、不適切な設問があったとの検証結果をまとめた。合否判定をやり直して、不合格とした複数の受験生を追加合格とする措置をとる方針。1日午後4時から記者会見して発表する。

 今回の京大の問題を巡っては昨年6月10日、大阪府内であった入試問題検討会でも不備を指摘する意見が出た。高校教諭や予備校講師らを中心に、阪大などを含む関西の複数の大学関係者も出席していたが、京大関係者はおらず、指摘は伝わらなかった。

シェアする

フォローする