命を守り、企業を救う AI気象予報の最前線

膨大なデータを分析しているのに天気予報が外れるのはなぜだろう?と昔は考えていましたが、最近は相当精度が上がっているみたいで雨や雪の予報に助けられています。何十年後には1ヶ月先の予報まで精度が上がりそうです。もしかすると気象予報士がそのうち不要になるのではないでしょうか。AIというよりも、ビッグデータやクラウドの活用事例とでも名付けた方がいいでしょう。忖度がないので、人間よりも信頼感があります。気象予報の分野は、IT関連事業と相性の良い分野です。これから色々な発展の可能性を秘めています。もし昔の人が今を知ったら、天気を予測するなんて人間のエゴだなんて言うかもしれませんが、悪天候でもなかなか会社を休めないサラリーマンや、収穫を左右する農家の方など、やはり予報はなくてはならないものかもしれません。絶対に降ると分かっていれば、タイヤのチェーンも前の日にセットするようになって交通事故も減りますね。

みなさんは天気予報をどんな時にチェックしているのだろうか? 週末の旅行計画のため、翌日の服装を考えるため、多くの場合はごく個人的な事情かもしれない。しかし企業や政府にとって、気象予報の適中率(予報精度)の向上は国家事業や経済活動にかかわるだけに、大きな関心事だ。

例えば、気象予報がより正確になれば、農家は栽培と収穫の計画を立てやすくなるし、航空会社は飛行機を最大限に使用することが可能となる。また、2017年にアメリカで発生した大型ハリケーンのような数百万人規模の被害者を出す自然災害に対しても、政府や企業はより早急に対策をとることができるようになるはずだ。

シェアする

フォローする