ダルビッシュはどこへ行きたいのか?で米メディアの情報錯綜

年俸やチームの練習環境など、本人の最低限守ってもらいたい部分があると思いますが、ダルビッシュをもしとれない球団のその後も考えなくてはいけません。どのチームに移籍するかを焦点にするより、入賞できるほどの好成績を今年はできるのか?に注目したいです。ワールドシリーズ最優秀選手賞やワールドシリーズMVPをとって最高に輝いている野球人生にしてもらいたいです。金額面だけで決めて優勝から程遠いチームだと駄目だし、強い場合は値切ってくることも考えられるからバランスが難しいかもしれません。とりあえず早く決めて、落ち着いた拠点をしっかり構えてもらいたいです。日本では話題に出ることも多い選手ですが、あちらでどのような評価がされているかが疑問です。投球面では大変素晴らしいですが、調子の悪い時と良い時の差がピーキーです。精神的な弱さが露呈している可能性もあります。個人的には、ヤンキースで活躍してもらえたらこれ以上の喜びはありません。田中将大よりも自分を高く売り込みたいというプライドがあると思いますが、そろそろ決めないとベストコンディションにできないんじゃないかと思います。

最終局面を迎えているFAダルビッシュ有(31)の去就に全米のメディアが注目している。しかし、ダルビッシュ自身が、どのチームでのプレーを希望しているかについて情報が錯綜している。折に触れダルビッシュがツイッターで“本物の情報”を発信しているが、さすがに交渉途中で希望球団をツイートするわけにはいかず、なおさら情報が錯綜することになっている。

 ドジャースは贅沢税にからまないような“ダルビッシュ獲得資金”を捻出するため、ヤズマニ・グランダル、ローガン・フォーサイス、柳賢振らの放出を模索していたが、「現状は、これらの選手がまだドジャースにいて、ダルビッシュは依然FAのままだ。ドジャース経営陣の動きに対して、市場がどのように反応しているかは予想できるだろう」と、まだドジャースが“ダルビッシュ獲得資金”を作れていない実情を説明した。

シェアする

フォローする