2018年発売のiPhoneは4種類か

選択が多いのはユーザーにとって良いことだと思いますが、普通サイズとplusの大きいサイズの2種類くらいがベストです。中高年の方だと、どれがいいのかわからなくて迷いしか生み出しません。あまりサイズを絞って販売できないところをみると、使い手の好みを完全に把握しているわけじゃありませんね。SEはポケットに入れ易いし、持ち運びの良さから現場で作業するときに重宝します。あまりニーズがないんじゃないかと心配していたので、後継機が出てくれることは大変嬉しいです。これまでiPhoneが好きで使っていましたが、少し新作がリリースされるペースが速すぎのような気がします。前は1年か2年くらいで次のモデルが販売されるくらいのペースだったので、しっかりと練った製品を開発して欲しいです。8の発売日に購入しましたが、何日か経ってからバッテリーが膨張してハマグリみたいになるなんてニュースでやっていたときには悲しくなりました。指紋認証から顔認証になりましたが、使い勝手の良さは指紋認証の方だと思います。新技術を取り入れることはいいのですが、本当に必要な機能なのかきちんと考えてから導入してもらいたいです。

DIGiTiMES Researchのシニアアナリストであるルーク・リン氏がiPhone次期モデルについて予想している。

同氏によれば、Appleは、当初2018年に2つの有機EL搭載iPhoneと液晶ディスプレイiPhoneの計3製品を発売する予定だったが、最近になって6.1インチの有機EL搭載iPhoneの開発を止め、5.8インチと6.1インチの液晶ディスプレイiPhoneと6.5インチの有機EL搭載iPhoneの3製品にラインアップ変更を行ったようだ。台湾のテックメディアであるDIGITIMESが伝えている。

シェアする

フォローする