如月ジュリ

「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が不正流出した問題で、流出が海外からの不正アクセスによるものだったと関係者が明らかにしました。会社の基盤となるインフラエンジニアの数が足りていなそうで、あまりデキる人もいないんじゃないかと思います。経営者が一番重要視しなくてはいけないセキュリティ対策を疎かにして、儲け重視で突っ走ってきたのが原因のようです。金融取引所としてありえないほど仕事を甘く見ていると思います。不正アクセスで失った460億円なんていう巨額を、最近できたばかりの会社が返済するのは難しいと思います。しかし、出川さんのCMをあれだけ流していたのにもかかわらず、金融庁の許可が下りていなかったとは驚きました。広告料だけ払えばどうにでもなるもんなんですね。もしかすると、580億円をハッキングされて、460億円を返済するということで120億円の差が生まれます。もし身内の中で起きている問題だとすれば、それを儲けとしての狙いがあったなんてことも考えられなくもありません。仮想通貨の事件ということで前例もないので、慎重に調べる必要がありそうです。この事例を教訓に、他の取引所の方も一層セキュリティ強化に努めて欲しいです。

家に帰ったらこんな感じで愛する人が待っている、会社でトラブル起こして疲れても、一瞬で吹き飛びそうなくらい元気になれます。

シェアする

フォローする