業界最高賞金1億円!AbemaTVで「リアルカイジGP」放送決定、参加者募集開始

年末にもカイジの番組がやってましたが、どうにも脚本が用意されていたような流れでしたね。素人さんだけで進行していれば、もっとグダグダ感があったと思います。家族で見ていたのですが、敗者一人を復活させるときに「わたしの胸を触ってください」みたいなことを言い出したときには引きました。ボクシングや相撲など、アベマの企画で賞金1000万はよくありますが、あれって本当に払っているのか気になります。AbemaTVの利用者は増えてきましたが、年間200億円近い赤字を出しているのに1億円をあげる余裕なんてあるのか信じられません。今回はリアルカイジという名前なので、参加者に賞金をもらえなかったときのリスクを漫画のように背負わせるべきです。帝愛の地下強制労働施設行きみたいなデメリットがあれば、安全な場所から見ている視聴者も面白がると思います。ただ、賞金を巡ってワイワイしているだけの進行では味気ないです。誰かが幸福になることよりも、人は他人の不幸を見たいのですから。

 AbemaTVが25日、業界最高賞金となる1億円をかけたリアル人生逆転リアリティーショー「リアルカイジGP(グランプリ)」を今春よりレギュラー放送すると発表した。

 福本伸行氏原作のギャンブルを題材とした人気漫画「カイジ」(講談社ヤングマガジン連載中)を実写番組化。多額の負債を抱えた主人公が様々なギャンブルに挑む原作をもとにしたゲームや番組オリジナル企画に挑戦し、全てに勝利した参加者1名が1億円を手にすることができる。

シェアする

フォローする