月村ひかる

危険な洗剤チャレンジが若者の間で流行しています。洗剤を口に入れて吐き出すというのが一連の流れですが、中毒を起こすケースもあるので大変危険です。最悪の場合も可能性として考えられるので、このような危険な行為をYouTubeに動画投稿するのは止めてほしいと注意喚起しています。度胸試しという意味でやっているみたいですが、全然面白くもないしカッコよくもありません。海外ならではという内容なのかもしれません。アイスバケツチャレンジというのも以前にありましたが、このような身体にいらぬ負担をかけるような行為を流行させることにメリットはありません。目立ちたいと思っている人がやっているので、常識やモラルを訴えても届かなそうです。YouTubeがあることで良い面もありますが、このようなことが頻繁に起きていると、ある時期からパッタリと人気が落ち込むようなきっかけになってもおかしくありません。こんなことが世に広まらないように。動画投稿に関する厳密なルールを設けるべきです。一番影響されやすい年齢層のユーザーが真似しないようにする必要性がありますからね。

あまり経験を積んでいない初々しさが交換をもてます。ソファに腰掛けた状態からパカッと足を開いてポーズさせ、ピンポイントで刺激を与えると連続でヘブン状態です。

シェアする

フォローする