街の“iPhone修理業者”は法令違反? 利用のコツは

iPhoneを修理する場合はアップルストアに依頼しますが、近所になくて都内の店舗まで持って行く時間もない、郵送は時間がかかり過ぎるのが問題と、あまりユーザーに優しいサービスとは言えません。そのため、少しくらい不具合があっても使い続けていましたが、さすがに充電してから2時間しか持たないでは厳しいと修理屋に依頼して交換してもらいました。初めてのことだったので不安もありましたが、値段も正規の料金よりも安くて当日の数十分で交換してもらえました。スマホは仕事でも使うので本当に助かりました。しかし、アンドロイドスマホの場合はバッテリーを容易に自分で取り替えることができました。あれくらいカンタンに交換できる構造を、iPhoneも採用してもいいのではないかと思います。どんなに大事に使用して画面割れがなくても、バッテリーの劣化は防げないので定期的に交換できるメンテナンス性をこれから改善して欲しいです。もしかして、そういうデメリットも全ては計算済みということなんでしょうか?

 この頃、街を歩いているとiPhoneやスマートフォンの修理を受け付けるショップをよく見かける。画面割れや反応しなくなったホームボタン、カメラの不具合、バッテリー交換など、通常であればメーカーに依頼するような修理をなぜ店頭で行えるのだろうか。

 非正規の修理ショップを利用するとメーカー保証が受けられなくなってしまうのは痛手だ。使っている製品が保証期間内ならば、メーカー修理を受けた方が得策だろう。逆に保証が切れている場合は、割安な修理ショップを利用するメリットが大きいと考えられる。

シェアする

フォローする