1年で「うそ」2140回=トランプ氏発言で米紙調査

2140回ってよく数えましたね。トランプ大統領をかばうわけじゃありませんが、「嘘」というより「記憶違い」かもしれません。元から用意されている原稿を読んだり、長文を読むことがあまり好きではないみたいです。それは、演説やツイッターなどでの突拍子もない発言からもわかります。それにしても、大統領というポジションでとんでもない発言をしているのですから、関係する周りの人間はたまったもんじゃありません。自らの発言で情報操作するような感じさえあるので、もしかすると触れられていないことの方が実は重要なことかもしれません。日本のメディアにもよく取り上げられますが、彼のありのままを発信するのではなく、冷静に分析して実際に行動を移した結果に焦点を絞ってもらいたいです。最近気付いたのですが、表情に考えがよく表れているような気がします。感情を隠すことが得意ではないのかもしれません。

 【ワシントン時事】21日付の米紙ワシントン・ポストは、トランプ大統領が政権発足から1年間でついたうそや誤解を招く主張が2140件に上ったと報じた。

 同紙がデータベースを作って調べたもので、1日平均で5.9回に上る計算だ。

 うその多くは原稿なしの演説やツイッターでみられる。誤りを指摘されても、そのまま続けることが多く、同紙は「繰り返せば本当らしく聞こえると考えているのだろう」と指摘している。

シェアする

フォローする