ケガだけは…阪神 糸井に自主トレやり過ぎ禁止令 昨年の二の舞いゴメン

去年も筋肉が大きく発達したボディでしたが、怪我を何度も繰り返していました。どんなに厳しいトレーニングを積んでも、試合におけるトラブルを全て防げるわけではありません。そんな悪戦苦闘の中でも、ちゃんとした成績を残したプロ意識は素晴らしいです。今年は自分の体を大事にして、勝負どころでチームを勝利へ導くホームランを放ってほしいです。柳田悠岐が糸井を見て笑いながら超サイヤ人と言ってましたが、セル編に登場したパワー型の超サイヤ人2がぴったりです。筋肉のせいでスピードが落ちるなんて悟空が言っていましたが、実際にそうならないといいですが…。野球選手に求められる理想的な筋肉は、単純なボディビルダー体型とは違うと思います。バッティングだけでなく、守備や走塁など瞬発力や持久力も求められます。ダルビッシュ有みたいな筋骨隆々ではなく、イチローみたいに無駄のない洗練された体型の方が良さそうです。

 昨年の二の舞いはご勘弁を――。阪神・糸井嘉男外野手(36)に対し、球団が「オーバーワーク注意報」を出していることが21日、分かった。

 16日の自主トレ公開ではボディービルダー級のど迫力ボディーを披露した“超人”。年齢による衰えどころか年々迫力を増しているその肉体だが、それだけに怖いのが負傷だ。阪神入団が決まった直後の昨オフは、新天地での活躍に向け気負いすぎた部分もあり、1月の自主トレ中に「右膝関節炎」を発症。開幕には間に合ったものの、キャンプでの練習不足はその後のシーズンにも影響を与えた部分は否めない。

シェアする

フォローする