ドミノ・ピザが「20分宅配」を可能にした3つの理由

新しいサービスを導入するときに従業員の待遇を良くするために自給を上げるならわかりますが、据え置きのままで従業員の負担を上げる考え方は納得できません。不正不満が募って、そのうち辞めていくんじゃないでしょうか?辞めても人材確保は容易なんて上の人は考えているのかもしれませんが、今は人材不足でどの企業も苦戦しているみたいです。無理なルールを作ったことで、一方通行を無視した走行をするバイクも見かけるようになるかもしれません。事故が起きてからでは遅いです。以前に30分を超えたら無料というサービスを開始したピザ屋により、その認識が業界全体に広まったみたいです。場所によっては、交通量の関係で20分宅配を達成する場所も厳しいところがありそうです。遅延すると半額になるみたいで、その責任は従業員にのしかかってくるみたいです。欧米に比べるとピザ自体の値段が2000円から3000円ほどと高額なので、価格から見直して需要を上げてみてはいかがでしょうか?

ドミノ・ピザは1月18日から、200円の追加料金を支払えば注文から20分でピザを配達する新サービス「ミッション20ミニッツ」を始めた。

オーブンの改良、Eバイクの導入、ピザメイクの短縮により、20分での提供が可能になったこと、そして出来立てでアツアツのピザが一番美味しいので、この美味しさを皆様に味わってもらうため、このサービスを開始しました。

シェアする

フォローする