【相撲】バルトとの相撲対決にジャイアンとのび太が名乗り

あれ、元大関じゃなくて元十両って書いてありますね。本人がもしこの記事を見たら怒り心頭です。単なるミスとかではないので、このような間違いは正すべきですね。一瞬だけ降格しただけならまだしも、ほとんどを大関で過ごしてきた人間に失礼な態度に当たるのではないかと心配です。把瑠都さんが格闘家としてデビューしたときは対戦相手を圧倒していましたが、本格的にデビューとなれば現役の総合格闘家も圧倒できそうです。相手を大怪我させないように、手加減しながら軽い張り手をしても簡単に吹き飛ばせそうです。それくらい恵まれた体格をしているので楽しみです。去年にアベマTVで相撲をとった朝青龍と琴光喜、電撃引退した日馬富士もトーナメントに組んで一緒に戦わせたらかなり面白そうです。バルトさんの怪力エピーソードで、大猪をかついで山を下ったり、軽自動車を持ち上げてトレーニングしていたなどあるそうですが、彼なら本当にやりそうです。

 バラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の人気企画『合計170kg相撲』に、今回も格闘家が名乗りをあげた。この企画は、「体重がほぼ同じならば、人数の多い方が有利」という仮説を検証するために行われ、相撲の土俵で体重170㎏の元十両バルト(把瑠都/33=エストニア)1人と、合計体重がほぼ170kgの複数人で構成されたチームが「1人vs複数人」で相撲ルールで対戦する、というもの。

 昨年12月20日に放映された同企画には、DEEP女子フライ級王者・しなしさとこ(40=フリー)、INVICTAアトム級王者・浜崎朱加(35=AACC)、山崎桃子(24=CRAZY ARMAMENT)らのジョシカク・チーム4人、元WBCフライ級王者・内藤大助(43)らボクサー・チームが出場したが、バルトが全チームにあっさり勝利した。

シェアする

フォローする