浜松科学館でリニューアル前最終展 「鉄腕アトムの生まれた研究室」再現展示も /静岡

鉄腕アトムを知らない世代でも、これは実際に見て触れられることで良い経験になりそうですね。ファンならずともこの完成度をチェックしてみるのもいいと思います。見た目だけの再現ですがとても精巧に作られているので、今にも目を開けて「御茶ノ水博士!」なんて叫びそうなくらい生き生きとしています。手塚治虫先生が描いた漫画が500点弱展示コーナーに置かれているので、ちょっとした漫画喫茶です。体験コーナーでは会話ロボットである「パルロ」の豊富なコミュニケーションでおもてなししてくれます。年齢を問わずに楽しめる施設で、明るいロボット社会の到来を一足先に教えてくれるようです。現在の科学館は3月の終わりにリニューアルされることが決定しているので、古き良き展示室が変わる前に見たい人は早めに行って下さい。

浜松・北寺島町の浜松科学館(浜松市中区北寺島町、TEL 053-454-0178)1階特設会場で現在、「しばらく さようなら浜松科学館特別企画 鉄腕アトム ロボットとクラス未来展」が開催されている。(浜松経済新聞)

「ロボット社会は近い未来にやってくる。当展示を見て、想像を膨らませてもらえたら」と館長の鶴田雅之さん。「子どもからお年寄りの人も一度は来たことのある科学館がもうすぐ見られなくなる。今の姿が無くなる前に、今一度思い出づくりに来てもらいたい」とも。

シェアする

フォローする