アップルがiPhone Xのデザイン刷新、画面の「切り欠き」解消か

もしジョブズが存命なら、発売される前にあのようなダサい切り欠き部分のデザインは許さなかったと思います。初期のiPhoneの試作モデルが誕生した時、これ以上小型化は無理だという現場の意見を聞いてから、熱帯魚の入っている水槽に水没させて、ブクブクと出てくる泡を確認するとまだ余地があるなんて言うほどモノづくりにストイックでした。Xが開発される段階ではそのような厳しい意見はでずに、とりあえずで作られた試作機を販売してしまったのでしょうか?使い手を考えた製品を生み出すのは大事ですが、あの切り欠きに合わせて作られたアプリなど、本当に開発者泣かせな企業ですね。去年はiPhone8とXがリリースされて話題を呼びましたが、今年は更なる新作の9や11などが出てくるのでしょうか?これだけ回転数も早く新しいモデルが出てくると、値下がりも早いんじゃないかと思います。

アップルのiPhone Xは2017年に最も注目されたスマートフォンになったが、この端末はデザイン面で大幅な妥協を行った結果リリースされたものだった。サプライチェーンからのリーク情報で、アップルがこの問題に対処しようとしていることが明るみに出た。

韓国の「ETNEWS」が掲載した業界筋の情報によると、アップルはサプライヤーの「LGイノテック」との取り組みで、iPhone Xの前面のノッチと呼ばれる凹型の切り欠き部分の面積を削減しようとしている。報道によると、ノッチに格納されたフロントカメラとFace IDの顔認識モジュールを統合することで、サイズを大幅に減らせるという。

シェアする

フォローする