鈴南ほのか

ウーバーの不調の一方でリフトが好調な業績を上げています。普通車をタクシーとする白タクの会社ですね。法人タクシーと個人タクシーが混在する中で、そのうち大きな問題が起きるのではないかと思われます。以前に外国人旅行者を浅草から羽田空港まで乗せて、数万円を徴収する高額請求タクシーがりましたが政府認定なので問題なしと判断されています。このような事例からも、日本人ではなく外国人が悪徳業者により涙を流すことが増えそうです。東京オリンピックも控える中で、早く法改正を進めるべきだと思います。今回リフトが日の目を浴びるようになって学ぶことは、これまでのタクシー業界が、どれだけ不安定な基盤の上で行われていたかということです。せっかく日本に訪れる外国人観光客に、あの国はボッタクリが多いなんていう評判は立てて欲しくないです。そのため、地域と連携としたしっかりとした料金の基準などを設ける必要があります。

心からのおもてなし、両手の合わせてお辞儀することにはそんな意味がこめられています。淡いピンク色の桜のデザインが、一足早い春の訪れを感じさせてくれます。

シェアする

フォローする