『ルパン三世』新シリーズ、2018年4月放送決定! 『コードギアス』脚本家が参加

やっぱり昔見ていた印象が強くて、ルパン三世といえば二期しか思いつきません。当時のリアルタイムで見ていたわけじゃありませんが、これだけ思い出として残っているということは夕方の再放送をよく目にしていたからだと思います。とにもかくにも昔のルパンは。演出が簡素だったのに、どこか洗練されていて、CGでは生み出せない大人のカッコよさがあった気がします。ルパンの声が栗田貫一に代わってから、どうにもモノマネ時代が頭にチラついてしまって作品を楽しみきれない気がします。新しい作品に挑戦することも大事ですが、しばらく見ていないので昔の放送を流して欲しいです。現代ではもしかして表現できない部分があったり、喫煙シーンが子供に悪影響を与えるなんて騒ぐ人もいるかもしれません。それが気がかりですね。

『ルパン三世』の新シリーズが、2018年4月より放送することが決定した。最新テクノロジーを駆使したルパンが『ルパン三世 PART5』としてテレビアニメで帰ってくる。

このたび、放送が決定した『ルパン三世 PART5』には豪華スタッフ陣が集結。シリーズ構成・脚本に『コードギアス 反逆のルルーシュ』シリーズのストーリー原案・シリーズ構成を手掛けた大河内一楼を迎え、監督は、前作に引き続き、矢野雄一郎がメガホンをとり、キャラクターデザインも横堀久雄が前作に続き担当する。

シェアする

フォローする