ホリエモン R―1初戦突破、自虐ネタ決まり2回戦進出45人に入った

個人的にはあんまり好きな人物ではありませんが、お笑いに挑戦するなんて行動力だけは見習うべきものがあります。自虐ネタで来ることはなんとなくわかりましたが、笑いを生み出す絶妙な間の取り方ができているか実際に見てみたいものです。本業がお笑いじゃないのにどこまで行けるか気になります。たしか宇宙開発にも積極的にチャレンジしていて、ロケットを作っているなんてニュースで目にしたことがあります。とりあえず興味のあることが全部ヤル、このスタイルを見ていると人生を謳歌してるという感じがしますね。そういえば、年末格付け芸能人の再放送がやっていて、Gacktのプレッシャーにかなり気圧されていて面白かったです。

「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏(45)が9日、東京・新宿シアター・ブラッツで行われた一人芸の日本一を決める「R―1ぐらんぷり2018」に初出場、審査の結果2回戦に進出した。

13番目に登壇した堀江氏は黄色の帽子とシャツ、半ズボン姿で登場。“小学校1年生の堀江貴文くん”として将来の夢について作文を読んだ。

シェアする

フォローする