紙巻きたばこ販売激減 前年度比90%割れ 加熱式人気

日本だけの支店でなく、世界的に見れば健康被害を紙巻に比較して抑えられるのか?という点には疑問を持ってしまいます。加熱式は税額が低く抑えられているのが基本なのに、本当におかしな問題です。健康志向が広がりを見せていますが、そのブームが加熱して「国民がみんなタバコ辞めたら税収が減る!」なんて問題視するのはいけませんね。このことを予想してタバコを規制したんじゃないですか?と言いたくなります。もしかして、その場の気分の問題で新しい法案なども決めているのではないでしょうか?これから考えられることは、この少なくなった税収の尻拭いに新しい税金が制定されることです。現在はグローやプルームテックといった銘柄も喫煙者の中で増えていて、全国に広がるのも時間の問題です。臭いのない加熱式への移行は、これからさらに増えるはずと断言します。

平成29年度の紙巻きたばこの国内販売数量が28年度比で90%を割り込む大幅減となり、平成に入り最大の下げ幅を記録する見通しとなったことが8日、分かった。喫煙者の需要が急速に「加熱式たばこ」へと移っているためだ。たばこ葉の使用量が少ない加熱式は課税額が低く、国は税収の確保へ向け段階的な増税を決めている。

日本たばこ協会によると、紙巻きたばこの販売数量は8年度の3483億本をピークに右肩下がりへ転じ、28年度は1680億本と半分以下まで減少。それでも、下げ幅が前年度比10%を超えたのは、たばこ税の大幅引き上げがあった22年度(10・1%減)のみだ。

一方、今年度は4~11月累計で12%のマイナス。国内たばこ市場に占める加熱式のシェアは昨年末時点で2割弱に達したとみられ、各社が加熱式の販売エリアを広げていることから、紙巻きの需要がさらに落ち込むのは確実だ。

シェアする

フォローする