SHINeeジョンヒョンさんの遺書公開「私は内側から壊れた」

ここまで崖っぷちに追い込まれた人間の心境を察することは出来ませんが、友人に遺書を託したり徐々に思い悩んでいるなら、どうして最悪に至る前にその苦行から逃げようとしないのですかね?日本のブラック企業からの自殺と比べて、ノイローゼになりつつも幾分か自分で事を思考できる余地が残されていたように感じるので、尚更そういう見解になってしまいます。責任感って社会人にとっては信用を得る為に必須となりますが、度が過ぎると自らを蝕むガン細胞でしかありません。尤もそれで死に走っているのである意味では逃げた無責任ってことにもなってしまうんでしょうけどね。少々死者に鞭を振るうかのようなキツイ文言を発してますが、本当に死ぬことが解決と安直に走ることに納得がいかないのです。姉に家族が追い詰められて亡くなるという悲劇を与えるならまだ苦しみを一緒に背負わせた方がマシに感じてしまいますけどね。まあ直前に相談出来るような間柄だったとのことなので、仲の良いことが前提になりますが。

 フジテレビ系「とくダネ!」は19日、韓国の人気男性グループ「SHINee(シャイニー)」のジョンヒョンさん(享年27)が18日に死去したことを報じ、遺書とされる文書の一部を公開した。

 番組では、ジョンヒョンさんは友人に「音楽の能力が足りない。期待に応えられない」「睡眠薬なしでは眠れない」「治療を受けているけど良くならない」など、仕事に関する悩みを打ち明けていたと伝えた。また仲が良かったアーティストが「自分が死んだら公開してほしい」と託されていた“遺書”を公開。番組では、長文のため抜粋した部分を次のように伝えた。

「私は内側から壊れた」「ゆっくり私を食い荒らした憂鬱は結局 私をのみ込み私はそれに勝てなかった」「私は私を憎んだ」「ただ『お疲れさま』と言って『これくらいやったならご苦労だった』と言って」「笑うことはできなくても とがめて見送らないで」「お疲れさま 本当にお疲れさま さようなら」

 MCの小倉智昭(70)は「悲しい文面だね」とポツリ。「ドームツアーも決まったし、作詞作曲もするし、彼は歌もいいですからね」とジョンヒョンさんをしのんだ。

 現地報道によると、18日夕方にジョンヒョンさんの姉から警察に「弟が自殺したようだ」と通報があり、警察が倒れているジョンヒョンさんを発見した。室内には練炭を燃やしたような形跡があり、姉は通報直前に「今までつらかった」「最後のあいさつ」などと自殺をほのめかすメッセージを受け取っていたという。警察では自殺とみて調べている。

シェアする

フォローする