カフェで起業する人がだいたい失敗する理由

友人が脱サラしてカフェを始めましたが、やはり難しいみたいで苦戦しています。のんびりとおだかやな自然の中にお店を建てたいと郊外に店を構えましたが、場所が悪くて日によってはお客が0人のときもあるとか。コーヒー豆にこだわって、サイドメニューに手作りのケーキも並んでいますがお客が少なすぎて口コミにもなりません。カフェは素人が決して手を出してはいけない分野と言われていて、しっかりとしたマーケティングが出来ていないと利益が少ないのでお店が回らないそうです。趣味でやる範囲ならいいですが、生活をかけてとなると、利益率も高いラーメン屋の方がいいみたいです。いずれにしても商売なので簡単ではありませんが、ちょっと話し好きでコーヒーが好きだからという理由で安易に決めたら地獄を見ますね。

■「カフェ経営」に憧れる5つの理由

長年、「人生80年時代」と言われてきたが、最近は「人生設計100年」と言われる。会社員の定年が60歳から65歳に伸びても、いつのまにか、ゴールが20年遠ざかった。年金も当てにできず、「悠々自適」は大半の人にとって無縁の世界だ。

そんな時代性を反映して、早めに人生のステージ(舞台)を移り、好きなことを仕事にしたい意識が高まっている。その代表例の1つが「カフェの起業」だ。拙著『20年続く人気カフェづくりの本 茨城・勝田の名店「サザコーヒー」に学ぶ』でも詳しく解説しているが、カフェ起業の動機は、次の5つに集約されるだろう。

(1)もともとコーヒーやドリンクが好きで、いろんな店に行っていた
(2)人と会うことも、話すことも好きなので、それらを生かせる仕事をしたい
(3)会社員として勤めるのではなく、自分の思いを反映した“城”を持ちたい
(4)店や仕事を通じて、何らかの形で自分を「表現」したい
(5)カフェやレストランに(社員やアルバイトで)勤めて、飲食の奥深さに目覚めた
上記(4)以外の理由は、昔も今も変わらない。たとえば昭和時代には、男性経営者(マスター)や、女性経営者(ママ)が切り盛りする個人経営の喫茶店(個人店)が人気だった。男性は、コーヒー好きが高じて店を出した例や、“のれん分け”で独立した例も多い。女性の場合は、夫や周囲の人に勧められて店を出した例が目立った。

今より資金が少なくても開業できた時代だ。取材では、当時を知る業界関係者から「昭和時代の2度にわたる“石油ショック”で、勤め先の経営が傾いたのを機に独立した人も多かった」という話も聞いた。

昭和時代の「喫茶店」が「カフェ」(※)となり、「マスター」や「ママ」が「オーナー」や「バリスタ」や「パティシエ」に変わっても、起業の動機はあまり変わらない。

シェアする

フォローする