日本ハム・清宮お披露目式典入場券2000枚完売!フィーバーすでに大谷超え

2000枚を完売させるなんて商売が上手いですね。ちょっとイベントの規模としては盛り上がりが過熱気味です。この加熱ぶりを見ていると、ハンカチ王子がプロデビューしたときを思い出します。。でも、控えめな大谷選手と比較すると、どうしてもカイエン斉藤の名前がチラついてしまいます。期待に押し負けぬように、練習に打ち込んでもらいたいとこですね。トーマス・エジソンが言っていました、「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である」。どんなに優れた才能を持っていても、それを肉付けする努力が出来ていなければ凡人と変わりません。あと、マスコミのインタビューで質問をなげかけられたとき、全部丁寧に受け答えてしまうあたりに真面目さを感じました。正直で微笑ましいですが、あまり応えたくない質問にはスルーでもいいんじゃないでしょうか。

日本ハムが来年1月14日に千葉・鎌ケ谷2軍施設で行う「2018年度新入団歓迎式典」の前売り入場券2000枚が発売3日で完売したことが24日、分かった。大注目のドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実=が出席するイベントで早くも“清宮フィーバー”に沸いている。

21日の発売開始からわずか3日、異例の早さで“清宮プレミアチケット”が「SOLD OUT」だ。当日の混乱を避けるため、今回は前売り券のみの販売にしたが、予想以上の大盛況だった。球団職員兼キャラクターの「DJチャス。」は「こんなに早くから歓迎されるなんて、ありがたいことです」とホクホク顔で話した。

高校通算111本塁打の怪物人気はやはり規格外だ。大谷が参加した13年の歓迎式典には1400人のファンが来場して盛り上がったが、ルーキー時代の大谷超えは確実となった。チケットを購入できなかったファンのために、式典が行われる室内練習場での様子を隣接する球場の大型ビジョンに動画配信することも検討されている。

式典当日は鎌ケ谷勇翔寮に入寮するルーキーの住民票転入式や交流会を開催。ファン殺到が予想されるため、警備員を増員して臨む予定だ。「DJチャス。」は「俺が清宮のボディーガードをするよ」と、うれしい悲鳴を上げていた。

シェアする

フォローする