知らぬ間に仮想通貨を「採掘」…不正サイト急増

お金の動くところには絶対に詐欺が生まれてしまいます。その入口になってしまうネット広告はこのような詐欺にひっかかる人たちを急増させてしまいます。「スマホで空き時間に簡単にお小遣い稼ぎ」「テレビを視聴するだけで現金が当たります」など、かなり露骨な広告も気になります。そろそろ大きな規制が必要かもしれません。ある程度ネットに詳しい人なら詐欺だと気付けますが、高齢者や警戒心の低い人は簡単に騙されそうです。こないだ仮想通貨の採掘していると話しましたが、スペックの低いパソコンで採掘をするとほとんどの場合が赤字だそうです。これから新規参入を考えている方は辞めたほうが得策かもしれません。真面目に働くことの方がよっぽど効率がいいでしょう。

他人のパソコンやスマートフォンを勝手に使い、ビットコインなどの仮想通貨を入手する「マイニング」(採掘)と呼ばれる作業を行わせる不正サイトが急増していることが分かった。

仮想通貨は主にブロックチェーンと呼ばれる台帳にすべての取引が記録され、世界中の有志のコンピューターが共同で管理している。ここに新たな取引の記録を加える作業に協力すると、対価として通貨が得られる仕組みがある。

膨大な計算作業を行うため、マイニングには高性能のコンピューターが使われることが多いほか、複数の機器で作業を分担する「プールマイニング」の手法もあり、不正サイトはプールマイニングの仕組みを悪用。改ざんされたサイトや広告を閲覧すると、気づかぬうちに不正サイトに接続させられ、OS(基本ソフト)やアプリに欠陥があると、プログラムが勝手にダウンロードされてマイニングを始める。得られた通貨は不正サイトの開設者に渡る手口だ。

被害に遭ったパソコンは、動作が遅くなることがあるが、マイニングに使われていることには気づきにくい。

シェアする

フォローする