彦摩呂、突然死のリスク大…「朝風呂」習慣に名医が警鐘

本来おでぶちゃんと言うのは人間としては悪い体型ですけど、大らかかつ快活な性格&飯ネタの組み合わせは、例え手が出ない美味しそうな料理をモニター越しに映されていても、嫌味がないんですよね。むしろ元気に食べる姿が微笑ましくあり、自分も食べてみたいと思わせる前向きな感情を引き出すに至ってると考えています。尤も少し匙加減を間違えるだけで見直すべきメタボの手本のように映ってしまうので、この類のタレントさんがそんなに多いわけでもないのでしょうが。あとヤッパリ現状維持が成されていても、「不健康な体」のステイタスを持っている以上、本当に問題ないのか時折検査して貰う必要があるんですね。まさか朝風呂がそこまで問題視されているとは思いませんでしたが、自分も血圧高めで職場での臭いを気にしている都合上、夜ではなく毎朝入浴してるんですよね。自分も下手に締め付けが過ぎる生活するなら寿命短めでも良いので、満足な日常を送りたい節制とは縁の薄いタイプになります。ただ食事を優先するなら、お風呂のタイミングは少し考えるべきなのかもしれません。

 グルメリポーターの彦摩呂(51)が17日放送のTBS医療バラエティー「名医のTHE太鼓判!」(月曜後7・00)に出演。番組で私生活に密着された結果、医師に突然死のリスクが大きいと宣告される。

 現在の体重が120キロの彦摩呂。普段から健康に気を遣っているというが、生活に密着すると数々の問題点が発覚する。睡眠時には何度も呼吸が止まる「無呼吸状態」に。40分で8度も「無呼吸状態」となり、そのたびに血圧は急上昇。血管に大きな負担がかかっていた。

 さらに彦摩呂の生活習慣で問題視されたのは意外にも「朝風呂」。スタジオの全医師がダメ出しし、「入浴中の突然死の年間数は、交通事故の4倍」とのデータ値を突きつけ警鐘を鳴らす。番組では彦摩呂が突然死を招く血圧の急上昇を防ぐ方法を実践する。

シェアする

フォローする