倉木ひな

年末になると物入りだからか強盗を仕出かすお馬鹿さんの出没が目立ってきますが、19日に起こった事件はなんとタクシー運転手を相手に脅し取ろうとした16歳少年。住居不定&無職とありますから半グレ中卒ってところでしょうね。コンビニ強盗だったらまず獲物を突きつけられる状況になっても、正面から怪しい挙動かを事前に察知できるかもしれないタイミングもありますし、直後でも咄嗟に動くことや、武術の覚えがあれば対処できる人もいるでしょう。ただタクシーの場合は完全に座席固定の後ろ向き。酔っ払いの暴力ですら脅威だというのに、現実的に出くわしたら堪ったものではないでしょうね。しかも切れ味はともあれ、対人に向けるには下手なナイフより恐ろしい印象のある草刈り鎌が獲物。ところが詳しい状況は分かりませんが、その命がかかったタイミングで「金よこせ」との要求に断固拒否。その態度に怖気づいたのか、それとも凶器を持てば誰でも屈すると考えていたのか。当てが外れたその少年は降車して逃げ出したんだそうです。まあ強奪は失敗したとしても運転手の実被害としては無賃乗車4000円分の痛手を被ったそうですが。ともあれドラレコでの撮影も気づかないようなお子様でしょうからね。逮捕も時間の問題でしょう。

一見地味に見えるものの、持てる者の強みを僅かな胸元から実感させてくれます。

ストライプの横ラインって直に山場が見分けられて便利ですよね。

足の太さが気になるものの、健全さを兼ね揃えているのは強み。

寒色で整えられた衣装からの一点桃色はギャップも含めてポイント高し。

服を着ることの最大のメリットは、言わずもがな隠すことですが、何処で見せるかその加減が面白い。

シェアする

フォローする