「信じて待ったのに」1人も来なかった。30人の貸切予約があった小さな飲食店の悲しみ

商売である以上、理想だけではなく最低限の利益を見込まなければならないので、どうしても善意だけでは済まない部分もあるんですよね。その中には勿論お客を無条件に信用するのではなく、今回のようなキャンセルや無銭飲食など、嫌なことも考えなくてはなりません。完全営利根性だけではなくこのような自分の料理に誇りがあり、喜んで貰うことが何よりの報酬と考えている方だと、「信用商売」という面がとても強いので、しばしばこのよう案被害に遭われる話が舞いこんでくるんですよね。この場合料理を子供同然のようにと考え、被害に遭わないように最善を尽くす…なんて考え方をしないと、同じようなケースにいずれ再び見舞われることになると思います。信じるよりも疑うって嫌な話ですけどね。ただ残念ながら個人的に思う料理人としては立派な人物なれど、経営者としては課題は山積みになっているように思われます。

両親が個人で経営する店に12月15日、30人の団体の貸切予約が入っていた。ところが、約束の時間になっても誰一人として来店しない。連絡すら取ることができない。無断キャンセルだった。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

丹精込めて作った料理は、客の口に運ばれることはなかった。店は悲しみに暮れた。

両親から知らせを受けた息子の新谷有幹さんは、悔しさに涙しながらTwitterに次のように投稿した。その日、用意していた母自慢の料理の写真とともに。

「オトンとオカンが大阪の梅田でやってるお店、今日30人の貸切予約が何も連絡ないまま当日来なかったらしい。悲しいって連絡がきた。一生懸命心込めて準備してたみたいだし、本当にかわいそう」

いったい何があったのか。BuzzFeed Newsに詳細を語ってくれた。

大阪市の梅田駅近くにある「和風ダイニング tsukushinbo 梅田店」。料理好きの母・明美さんが「多くの人を料理で笑顔にしたい」と始めた店だ。

貸切予約の連絡は電話であった。客は店を「ぐるなび」で知ったという。

決して大きな店ではない。30人全員の着席は無理だと伝えると、「椅子はいらないから、立食でお願いします」と返答があり、予約が確定した。

人数変更がある場合は、予約日の2日前までに連絡をしてほしい、と約束していたが、電話はなかった。そのため、30人分の食材を調達し、準備に入った。

少しでも居心地良く、楽しんでもらうため、スタッフ総出で椅子を全て運ぶなどして広いスペースを確保した。そして、コース料理全6品のうち、オードブル3種とサラダ、ばら寿司を事前に作って、客を待った。

しかし、予約時間の午後7時半になっても、誰も来店しない。15分後に幹事の携帯電話に連絡しても通じない。ショートメールも送ったが返信はなかった。

午後9時頃には別の客が来店したが、団体予約が入っており、貸切体制だったため断った。

料理は自分たちが食べるはずではなかった。

多くの来店客を見込める金曜日。団体客を信じて待ったが、結局、客は来なかった。

すぐに痛んでしまうばら寿司は急遽、友人が買ってくれ、アルバイトの従業員にも持って帰ってもらった。残りは夫婦2人で食べた。

団体客が支払うはずだった料金は1人あたり3500円。値下げの依頼に応じて決まった額だった。

今回のように、コース料理の予約注文があった客に無断キャンセルされたのは初めて。幹事からの連絡やキャンセル料金の支払いは今もない。

シェアする

フォローする