タクシー車内で吐くとどうなるのか 車両は営業できなくなることも… 弁償の必要あり?

文字表現飲みなれど、食事中ならスルー推奨。年末近くにあると忘年会シーズン真っ只中に突入するだけに、同時に調子に乗った酔っ払いたちによる…所謂ゲロ被害がそこら中で勃発するそうです。駅員の方には結構頭痛の種になるって話になってますけど、それより過酷なのは走る個室たるタクシー。やはりこの時期は警戒して危険を察知したら声をかけたりなど最悪の事態に陥らないように努力してるそうですが、それでも既に相手は吐気を催すほどの人語も危うい愚か者。1度リバースされてしまえば、徹底的な清掃が必要となってしまうので、最悪その日の売り上げはそこでストップ。そうでなくとも面倒な清掃作業のお待ちかね。ちなみにそこで気になる、当然発生して然るべきとされる被害請求ですが、これ会社によって請求が無いところもあるそうなんです。話を見た三和交通という会社では、既に日常茶飯事の慣れっことして、やらかされたら直に営業所に戻って座席ごと取替え、速攻で洗い干してすぐさま営業に戻るとか…。ちょっと逞し過ぎて驚かされました。

車内での嘔吐、車両は営業不可に

忘年会、新年会シーズンは、酒に酔った状態でタクシーに乗り帰る人も増えるかもしれません。

もし、タクシー車内で気分が悪くなった場合、乗務員はどう対応するのでしょうか。都内大手の日本交通(東京都千代田区)に聞きました。

――気分が悪そうな乗客には、どのように対処するのでしょうか?

乗務員がお客様の状況を見ながら、こまめにお声がけをさせていただきます。ご気分が悪いようでしたら、お客様の許可を得て窓を開けるほか、必要に応じて公衆トイレなどに立ち寄るといった対応をしています。

――耐えきれず車内で吐いてしまった場合はどうなるのでしょうか?

そのタクシーは営業ができなくなりますので、お客様を送り届けたあと、車庫へと戻します。特殊な清掃をし、吐瀉(としゃ)物はもちろん、においも完璧に取り除いてから営業を再開させます。

※ ※ ※

車内で吐かれてしまい、その後の営業ができなくなれば、当然ながらその乗務員やタクシー会社には損失になります。この損失分は、乗客に請求されることになるのでしょうか。

「請求しません」という会社も

タクシー車内で乗客に吐かれてしまった場合の対応について、東京ハイヤー・タクシー協会(東京都千代田区)は、「お客様がご不快な思いをされないようにするのが第一」としたうえで、次のように話します。

「シートなどが汚れますので当然物損にはなりますが、それをお客様に請求するかは状況次第でしょう。吐いたことも覚えていないようなお客様もいらっしゃいます。ドライバーはまず会社に連絡、お客様から名刺などを頂戴するなどして連絡先を確認し、後日、個別に話し合うケースが多いと思います」(東京ハイヤー・タクシー協会)

一方、神奈川、東京、埼玉でタクシー事業を展開する三和交通(横浜市港北区)は、「まずは、エチケット袋をお渡しするなどして吐かれないようにします」としたうえで、「吐かれてしまっても、お客様に損失分を請求することはない」といいます。

三和交通でも、車内で吐かれてしまった場合はその後の営業をせず、営業所に戻って車内を清掃するそうです。「営業所には予備の座席も用意してあるので、座席を含むもろもろの用品を取り替え、車内を清掃し、汚れたものは洗って干します。乗務員も手慣れていますので、時間を惜しんでてきぱきと行い、営業再開に備えます」と話します。

「酒酔いでなく乗りもの酔いでも同じですが、吐かれてしまうのは仕方のないことです。タクシーに限らず、どの乗りものもそのようなスタンスではないでしょうか」(三和交通)

とはいえ、乗車前に少しでも気持ち悪かったら、吐いてから乗る、車内でどうしても我慢できなくなった場合は、クルマを停めてもらって外で吐くことを念頭に置いたほうがよさそうです。

シェアする

フォローする