鶏肉 ムネ 2割高で推移 高い健康性 スーパーの販売好調

テレビで疲労回復効果があると放送されていてからわたしもよく食べるようになりましたが、ここ最近調子がいい気がします。信じる気持ちがそうさせるのか、プラシーボ効果なのかもしれません。スーパーを見渡してみると、ここ数年で肉だけでなく野菜も魚も値段が高騰しています。あまり景気が良くなったという感じがしませんが、この状態で消費税まで加わったらこれまでの水準で生活できなくなる人が増えるかもしれません。この値上げは、低脂肪高タンパクを求めるボディビルダーにも大打撃ですね。もしマッスル北村さんがいたらこの状況を嘆くことでしょう。ヘルシー嗜好の方が増えていることもあって、豚や牛などが逆に安くなっているんじゃないかと思ってしまいます。でも、どうやら肉全体の値上げから割と安価なムネ肉に移っていることが一番の売れてる要因みたいです。

国産鶏ムネ肉相場が前年より2割近く高い水準で推移している。異例の高値だった2015年に並んだ。蒸し鶏の「サラダチキン」向けなど、業務需要が堅調なことに加え、スーパーが家庭向け鍋物商材でモモ肉からムネ肉に切り替える動きが出ている。流通業者は「他の肉類より値頃で健康性を訴求できる商材として引き合いが強い。年明け以降も強もちあいの展開」と見込む。

農水省が公表する東京地区のムネ価格(19日現在)は1キロ322円で、前年比17・5%高だった。2月以降、前年の相場の1、2割高で展開している。年末にいたって、14年に消費期限切れの中国産鶏肉が流通した問題の余波で、国産鶏肉の引き合いが著しく強まった15年同期と、ほぼ同水準となった。

今年の相場高は、スーパーでの好調な販売が主な要因だ。気温が下がる時期は通常、鍋物やホームパーティー用商材としてモモ肉を中心に売り場づくりを進める。だが、今年は鶏だんごや味付けして衣を付けた揚げ物用のムネ肉などを特売する動きが広がっている。関東を拠点とするスーパーでは、鶏肉売り場の6割をムネ肉が占めるまで拡大しており、「低価格で健康に良いイメージが広がってきた」と話す。

日本食鳥協会は、「疲労回復や抗酸化作用など機能性が認知され、消費拡大につながっている」と分析する。

ムネ肉を蒸して真空パックにした「サラダチキン」など、加工向け需要も鈍る気配がない。都内の食肉加工メーカーは、「コンビニの他、スーパーからの引き合いも安定している」と話す。  農畜産物振興機構は、輸入を含む12月の出回り量を19万4200トンと推定。国内生産量は15万1200トンで前年同月比3・2%増と予測し、好調な相場展開を受けて産地が増産に動いている。

シェアする

フォローする