愛沢かりん

突然物騒な話ですが、日本のちょんまげ時代にあった腹切り自決。あれ1人でやると結構簡単には天に召されることは出来ず、大層苦しみながらジワジワ死の淵に落ちていくって話だそうですよ。聞きかじりなので間違っているかもしれませんけど、確か直後の首はねと言うのも苦しまない為の措置だとか。さてこれは最近悪い意味で話題になってしまった英国人男性の話です。大層な日本ラブな方だそうで、特に武士道にも関心を深め、日本刀をコレクションするほどの愛好家。度々写真に写る嬉しそうな姿が紙面に掲載されるなど、程々に有名人だったとか。日本にも家を持ち実家と行ったり来たりと人生を謳歌する生活だったようですが…2月辺りにから何故か危ない薬でもやっていたかのような「体重減少&引き篭もり」のような状態に。そして最初の切腹の話になりますが、6月に正にその光景そのままの状態で発見されたのです。一応首は付いているのであしからず。この事件に対してつい最近、謎の不審死から本当に自害したとの結論が鑑識の結果として提出されたそうです。豹変した理由が分からないと如何とも言えませんけど、「ファンタスティック!」と称される古来の日本文化だけに、呪われた刀でもありましたかね?

今や多くの学校が新しいデザインの制服を模索してくれるので、着る目当てで志望する子も多いそうです。

何気ないボタンを外す仕草の延長ですが、その順番と意図次第ではまったく違うものに見えてきます。

一見遊んでいる風に併せ持った純白の破壊力は言わずもがな。

ホクロが妙に気になる場所にありますけど、標準過ぎて地味にも見えるワンポイントには丁度良い。

全て露にされてしまうと逆に冷めてしまう未知への高鳴りがそこにはあります。

シェアする

フォローする