藤井なな

即断即決で無慈悲なほどに簡単に罪人を処するって国際的には非難轟々なんでしょうけどね。…と、行き成り話を端折りすぎましたが、何やら中国の方で麻薬や殺人罪に問われた輩10人ほどがまとめて死刑宣告され、判決から速やかに執行されたって話があったんですよ。しかも日本の裁判所のスケールではなくスタジアムを使った公開裁判にて。あちらの言葉の意味を字の通り訳して良いのかは分かりませんけど、「宣判大会」って入り口に張り出されてありましたよ。かなり過激な印象は受けましたが、実に「人間は体験と実感でしか学べない愚かな生き物」と言う本質を突いた中国らしいやり方です。言論統制するらある親分の方針から「人権派」なんて温い連中が関与する余地はなく、「不要」な罪人を税金で世話することなく、「罪はどう罰せられるのか」を見せしめとして国民に思い知らせる見せしめ材料とするのです。恐怖政治そのものかも知れませんけど、犯罪者天国の日本からしたら羨ましい限り。まあ冤罪者も構わず一刀両断ってやり方なので、中国の独裁政権をより強固にしている、これもこれで極端な駄目な例でもあるんですけどね。

絶え間なく続く練習出来る温室では、季節はずれの水着姿がお披露目されています。

強烈なフィット感。体型的に水の抵抗も綺麗に受け流せる理想形かもしれません。

一見スラッとしてますが、外見では想像もできないほどの筋力を備えています。

色気の薄さは返って選手とコーチの間を瓦解させること無く信頼関係を築けるのであり。

これは漫画表現で用いられる目に光りが入っていない病んでる感じでしょうか?下手に流すと命に関わるかもしれません。

シェアする

フォローする