25年間凍結の受精卵から女児誕生、母と「同年代」 米

医療の進歩は目覚しいものがありますね。25年も昔に今まで冷凍保存可能な技術があったなんてびっくりしました。それだけ時間の経っている冷凍食品は食べる気になれませんが、受精卵を保存する設備だから大丈夫だったのだと思います。宇宙や自然の神秘に驚かされることがありますが、人体に宿る神秘も想像以上ですね。夫婦のどちらも血の繋がりはありませんが、お腹を痛めて生んだのだから実の親子以上の愛が育まれることを祈っています。変則的な養子縁組と言っても過言ではない貴重な事例だと思います。生まれたお子さんが理解できる年齢になった時に事実を聞いたらどんな気持ちになるか想像もできません。

(CNN) 米テネシー州で、25年間凍結保存されていた受精卵を移植された女性が、無事女の子を出産した。これまで出産に成功した受精卵の凍結期間は20年が最長とされ、25年は世界最長記録だという。

エマ・ギブソンちゃんは11月25日に誕生した。体重約2.9キロ、身長約50センチで、健康状態も良好。母となったティナ・ギブソンさん(26)は、「神様からの大切なクリスマスの贈り物」と目を細める。

全米受精卵提供センターから提供された受精卵は、25年前の1992年10月14日に凍結され、今年3月13日に解凍された。母のティナさんはこの時25歳。「受精卵と私は親友になっていたかもしれない」と驚いた様子だったが、それでも「ただ子どもが欲しかった。世界記録だろうと何だろうと気にしない」と話す。

父親のベンジャミンさん(33)も、血のつながりはなくても心から自分の子どもだと思えると話し、「一目見た時から恋に落ちた」と喜びを語った。

体外受精用の受精卵は、匿名のカップルから全米受精卵提供センターに提供され、凍結保存されている。

ギブソンさん夫妻は、夫が男性不妊の原因となる嚢胞(のうほう)性線維症だったことから養子縁組を考えるようになり、「受精卵の里親」になることを選んだ。

約300の候補の中から、提供者に関する情報をもとに選んだのが、たまたま世界記録となる受精卵だったという。

今回は移植された受精卵3個のうち1個が着床して妊娠に成功した。ティナさんは、同じ提供者からの受精卵を使って再び妊娠に挑戦することも考えているという。

シェアする

フォローする